ソフトボールで、緩急に対応したバッティング

ソフトボールで、緩急に対応したバッティング

ソフトボールのバッティングはタイミング

ソフトボールにおける、ストレートと変化球の一番の違いは何だと思いますか?

 

 

私は、緩急だと思います。

 

 

曲がる幅、ボールの回転などいろいろあるのですが、バッターが意識しておかないといけないのは、ボールがミートポイントに到達するまでの時間の違いです。

 

 

早いストレートと、ドロップ、中学生ソフトボールで多用されるチェンジアップは、ピッチャーがバッターのスイングのタイミングをはずす意図で投げ分けられる訳ですね。

 

 

バッターとしては、タイミングをはずすことを意図してあの手この手と投げ分けるピッチャーに対して漫然とスイングしていては術中にはまります。

 

 

こちらもタイミングを合わせることを意図してバッティングをしないといけません。それには、軸足の股関節にしっかりと体重を乗せてトップを作ることが、最重要のポイントです。

 

 

すべての体重がステップ足に乗ってしまうと、ピッチャーの投げ分ける緩急に対して対応できないんですね。ステップ足に乗り切ってしまってから遅いボールが来たと認識しても、タイミングを後に残せないんです。

 

 

つまり、一つのタイミングでしか打てなくなってしまう訳ですね。

 

 

それには軸足の股関節に体重をしっかり乗せることで、ピッチャーの投げるボールの速度を認識してからスイングを始めやすくなるということです。まあ、完全にあわせれるということではありませんが、緩急に非常に対応しやすくなります。

 

 

また、グリップの位置も気をつけることです。トップというのは軸足に体重を最も乗せた状態で、グリップもキャッチャー寄りに最大限引いた状態、ちょうど弓を最大に引いた状態のような感じのことですが、この、トップの状態を維持する時間が、緩急への対応にはきわめて大切なのです。

 

 

トップのときにグリップが後ろ方の前に残っていれば、スイングをスタートするタイミングを調節することが可能なのですが、グリップがそれよりもピッチャー寄りに動いてしまったときには、スイングの始動が完全に始まっているために、画一的なタイミングでしかピッチャーの投げるボールに対応ができないということです。

 

 

ピッチャーの投げる緩急をつけたボールに対応するためには、軸足の股関節に体重をしっかり乗せてトップを作って維持することと、そのときにグリップはぎりぎりまで始動しないということです。

 

 

ストレート狙いでチェンジアップがきたときに、そのコンマ数秒の違いに対応するために欠かせない技術なので、練習から気をつけて技術修得に取り組みましょう。打率が上がること間違いなしです。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ