ソフトボールのバッティングの手首の使い方のトレーニング方法

ソフトボールのバッティングの手首の使い方のトレーニング方法

バッティング,手首の使い方

ソフトボールのバッティングにおいては手首の使い方がとても重要なわけですが、それではこの、手首を返すタイミングや、波打たずにスムーズに手首を返す方法をどうやって身につければいいかという話です。

 

 

トンカチで釘を打つときに、釘が曲がらないようにまっすぐ打ち込むイメージが、手首の返し方の最適なタイミングです。これは落合博満さんの理論でもあるのですが、手首を返しきったときにインパクトしてしまうと釘はまっすぐに打ち込めません。

 

 

また、手首が全然使えてなくても釘をまっすぐに打ち込むことはできません。釘をまっすぐ板に打ち込む手首の返し具合がバッティングでも一緒の手首の返し具合になるわけです。

 

 

グラウンドでこれをトレーニングするには、片方の腕でバットを握り、もう片方の手でボールを空中に浮かし、このボールを地面にまっすぐ打つトレーニングが最適です。

 

 

ボールの中心を打って、地面からまっすぐに跳ね上がってくれば、手首を最適なタイミングで返せているということがいえます。このタイミングで手首を返せるように何度も練習してみてください。

 

 

このトレーニングは、バットをしならせ、ヘッドを聞かせるバッティングができるようになるので、手首をやわらかく使う感覚を身につけることができます。

 

 

また、手首をやわらかく使うには、五本指でバットを握りこんでしまうと手首が硬くなってよくありませんので、小指と人差し指を軽く握る方法など、中指、薬指、親指の3本を中心に握る方法がおすすめです。

 

 

これは個人差があるので、自分に最適な握り方を試行錯誤してみてください。ポイントは、五本指で握りこまないことです。目的は、手首をやわらかく使うことです。

 

 

ほかに、バットでボールをリフティングするのもいいトレーニングになります。手首をやわらかく使うニュアンスが感じ取れることに加え、ボールの中心を捕らえる集中力も養成されます。

 

 

手首を固めて使った場合、何球も連続でリフティングできませんから、手首をやわらかく使うトレーニングに最適です。

 

 

もう一度言います。ソフトボールのバッティングでは、手首をやわらかく(波打たないでスムーズにスイングする)使うことと、手首の返し方のタイミングを身につけることを意識してトレーニングしてください。飛距離が伸び、バットコントロールが身についてくるという、一挙両得のトレーニング方法です。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

厚木商ソフト部の宗方先生の技術指導と選手によるお手本と秘伝練習法DVD 3枚組(4時間収録)

厚木商業

子どもに見せるだけでたちまちコツがつかめる、わかりやすくて濃いDVDです。高校全国レベルの事細かな内容ですが、実技で見れるので小学生もたちまちコツをつかめるでしょう。内容は、守備、スローイング編、打撃編、合計4時間。テーマに沿って宗方先生が説明した後、厚木商の選手が実際に手本を見せてくれるといった流れです。」

» 公式サイト

» 管理人が厚木商ソフト部DVDを購入した感想

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ