ソフトボールでヘッドを効かせたバッティングをするには

ソフトボールでヘッドを効かせたバッティングをするには

ヘッドを効かせたバッティング

バットをしならせ、ヘッドを効かせたバッティングというのはソフトボールにおいて高度な技です。

 

 

どういうところに注意してバッティングをするかご存知ですか?

 

 

ミートする際には、ポイントで捕らえることともうひとつ注意点があります。それはバットをしならせた感覚をもってスイングをするということです。これがいわゆる”ヘッドを効かせた”バッティングの意味です。

 

 

実際には金属バットなので「しなり」はないんですが、しなりを効かせた感じでスイングをすることで強いスイングができます。

 

 

しなりを使うためには、手首の使い方がポイントとなってきます。手首をやわらかく使うことで、バットのヘッドスピードが速くなってきます。逆に言うと、手首をやわらかくしなるように使わないと、ヘッドが使えない訳です。

 

 

それには、バットの握り方も大切になってきます。五本の指で均等に力を入れて握ってしまうと、手首の自由が利きにくくなります。指で意識をおくのは、小指、薬指、中指です。

 

 

ヘッドを聞かせるには手首をやわらかく使う必要がありますが、小指だけを外してみると、またリラックスした感じになるので、いちどためしてみてもいいです。

 

 

現に、西武ライオンズの中村選手はこの握りでホームランを量産しています。

 

 

ここで大切なのは、バットを握るときにリラックスした感じにすることと、ヘッドを効かせたバッティングを意識することです。




当サイト管理人のご挨拶とプロフィール


(春の高校選抜の球審をする管理人)

ソフトボール第一種審判員免許(全国大会審判資格)を保有しており日々審判に明け暮れています。まだプレーヤーとして現役ですが、メインはやはり審判で、大きな大会の試合の球審を無事に務めた時の充実感は大きいですね。

そういう感じで、主要大会を通じて、上手いプレーヤーいっぱい見てきていまして、このサイトでは上手いソフトボールプレーヤーの技術をケース別に応じて書いてみました。ソフトボール愛好家の皆様の参考になれば幸いです。 続きを読む »

管理人のおすすめ「すぐ成果が出るDVD見つけました」

私の息子の打率が飛躍的にアップ したDVD

ソフトボール上達革命「私の小学生の息子が、このDVDを繰り返し見た結果、6年生の通算打率が3割3分に。この練習法ならまだまだ進化できることを確信しています!」


≫ 公式サイトはこちら

≫ 息子の打率が飛躍的に上がった「ソフトボール上達革命体験記」

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ